ラボ 選べる28箇所 人気推移

脱毛ラボの「選べる28箇所」は、登場以降、順調に契約者数を伸ばしています。

コース内容変更に伴い、施術範囲は24箇所から28箇所に増えました。(2019年1月現在)

全身専門店の脱毛ラボで、「選べる28箇所」はどうしてこんなにも人気に火が付いたんでしょうか。

実は「脱毛ラボの選べる28箇所」は、これまでにありそうでなかった画期的な仕組みなんです。



「選べる部分脱毛」


脱毛ラボ 28箇所の詳細


脱毛ラボの「28箇所」で選ぶべき部位

悩む女性

『どのパーツをお手入れするべきか分からない』なんて状況は、誰にでもよくあることです。

『全身やる必要性までは感じないけど、サロンでのムダ毛処理はするべきだと思っている。』

ここではそんなあなたに、ムダ毛処理しておきたい部分の優先順位を紹介します。

お手入れするべき場所の優先順位に気がつけば、必要最低限な部分だけをリーズナブルにお手入れできるので効率的です。

両ワキ
絶対に欠かせない最優先の部位で、脇のお手入れは不可欠です。
脇

口周り
鼻下やあごなど、ヒゲが生えてくる場所です。うっすらとした産毛程度ですが、常に人目に晒されています。もしも鏡で確認できるなら、優先順位は上位にするべきです。
口周り

ひざ下
冬でもスカートだと完全には隠れない場所なので、油断は禁物です。ストッキングからはみ出ている場合もあるので、自覚がなくても、他人からはすね毛が見えているかも知れません。

ひざ下



自分でもよく見える腕(ひじ下)はムダ毛を自覚しやすいですが、秋冬はお手入れをサボりがちな部位です。日頃からケアしておけば、袖をまくった瞬間にドキッとすることはなくなるでしょう。
腕(ひじ下)

VIO
常に隠れている部分ですが、機能面からお手入れをおすすめします。生理の時のムレやニオイやかゆみなどの不快感がなくなって、とても楽になります。

VIO



お気に入りの指輪をしていても、指毛があってはくすんでしまいます。顔と同様に隠れませんし、意外に見られているパーツです。

手の甲と指



お手入れするべきパーツの優先順位としては、「人目に付くか」「自分でも見えるか」が判断基準になります。

余程の例外がない限り、普段は隠れている「胸」「お腹」「背中」などは省略しても後悔はないでしょう。

脱毛ラボの「28箇所」はリーズナブル

天秤にかける女性

サロンは、「全身脱毛」と「部分脱毛」の2種類の選択肢から選べます。

「部分脱毛」は更に、パーツ単位での契約形態とセットコースの2パターンに分かれます。

少しでも支払い総額を抑えたいなら「全身」よりも「パーツ単位」で選ぶべきですが、かといって必ずしも満足できるとは限りません。

パーツ単位での契約は割高ですし、セットコースだと部位の過不足が起こりがちです。

そして何よりセットコースは、取り扱いサロンもバリエーションも少ないので、あまり実用的ではありません。

実際には、パーツ単位での契約とセットコースの組み合わせが現実的です。

お手入れするべきパーツの優先順位に従って、代表的なサロンと各パーツの料金をチェックしていきましょう。

部位 取り扱いサロン 料金
両ワキ ミュゼ 3,600円
口周り ディオーネ 30,000円
ひざ下 エピレ 26,400円
ひじ下 エピレ 26,400円
VIO ミュゼ 54,000円
手の指 ミュゼ 13,500円
合計 153,900円



ミュゼの両ワキは通い放題ですが、その他は6回での料金です。部分脱毛の合計金額は153,900円となります。人気サロンの全身のムダ毛処理の料金は、以下の通りです。

サロン名 キレイモ 脱毛ラボ 恋肌
料金 114,000円 159,980円 92,407円



パーツ単位とセットコースを組み合わせると、全身よりも費用が高くなってしまいます。

もしも優先順位に従って「脇」「口周り」「ひざ下」「ひじ下」「VIO」「手の指」を全部お手入れしたければ、全身を選ぶべき、と

でも今は、「脱毛ラボの選べる28箇所」が状況を一変させました。「脇」「口周り」「ひざ下」「ひじ下」「VIO」「手の指」を全部選んでも、料金は6回で128,160円です。
ここから更に、月によって割引額は異なりますが、キャンペーン割引で安くなります。



「選べる部分脱毛」


脱毛ラボ 28箇所に申し込む

脱毛ラボの「28箇所」のメリット

組み合わせる イメージ

「脱毛ラボの28箇所」は、全身から自由に部位を選んでカスタマイズできます。

既存のセットコースは、取り扱いサロンが少ない上にバリエーションがほんの僅かです。

サロン側から提示された部位が希望とピタッとはまった場合にしか、納得できません。

かといって1部位ずつの契約では、すでに実証したように、費用は逆に高くつきます。

でも、28箇所プランなら、好きな部位だけをリーズナブルに契約できます。

脱毛ラボの28箇所の料金

女の子の鞄の中身

脱毛ラボの選べる28箇所の料金には、「パックプラン」か「月額制」が選べます。

料金以外にも違いがあるので、それぞれの特徴と併せて紹介していきます。

また、他社にも類似プランがあるので、内容や料金を比較してチェックしてみましょう。

脱毛ラボの「28箇所」のパックプラン

カレンダーと写真

脱毛ラボの選べる28箇所の料金は「6回で128,160円」と上で紹介しましたが、これはパックプランの料金です。

回数がセットになっているのがパックプランで、他にも「12回」「18回」が選択できます。

回数 6 12 18
28箇所 128,160円 調査中 調査中



選べる28箇所のパックプランでは、1回の施術で、28部位すべてのお手入れをしてもらえます。

最短なら2週間に1度通えますが、1ヶ月に1度のペースが現実的です。

6回なら半年で完了するので、スピード重視なら、パックプランの6回がおすすめです。

支払い方法は現金かクレジットカードの一括払いです。

パックプランだけの特典ですが、施術部位を毎回変更できます。効果を考えるとおすすめはしませんが、存在自体は頭の片隅に置いておくと役に立つかも知れません。

施術料金とは別に、シェービング代を請求されます。VIOを含む場合は1,500円で、含まない場合は1,000円です。

脱毛ラボの28箇所プランでは現在、パックプランではシェービング代が無料に変更されています。

また、脱毛ラボではパックプランにも毎月のキャンペーン割引が用意されています。毎月変わるので、料金表の通常価格で契約する機会は、ほとんどないかも知れません。

脱毛ラボの「28箇所」の月額制

無理なスケジュール

「脱毛ラボの選べる28箇所」は、月額制でも通えます。ローンを組んでの分割払いではなく、毎月支払いが発生する支払い方法です。

月額料金は、毎月1,490円です。

キャンペーンで「○○ヶ月無料体験」があるのでタダで始められそうですが、実は最低契約月数があって、契約時には前払いしなければいけません。つまり、支払いゼロでは始められません。

例えば無料体験が15ヶ月で、最低契約月数が16ヶ月の場合、契約時には1ヶ月分の料金(1,490円)を支払います。

1ヶ月に1度のペースで通いますが、施術は2部位ずつに分割されます。28部位すべてが終わるのは、14ヶ月後です。

月額制は1ヶ月に1度通えるという契約内容なので、予約の繰り越しができませんし、返金もされません。

施術料金とは別に、シェービング代を請求されます。VIOを含む場合は1,500円で、含まない場合は1,000円です。

脱毛ラボの「28箇所」と類似プランとの比較

脱毛ラボの「全身から選べる28箇所」は、他社の類似プランと選択に迷うかもしれません。

ミュゼプラチナムの「全身ライト」です。その内容を紹介します。

ミュゼプラチナムの「全身ライト」には、「A」「B」「C」の3つのプランが用意されています。それぞれ施術部位が指定されていて、自分ではパーツを選べません。

ミュゼプラチナム 全身 ライト A

Aプランの施術範囲は、「腕」「足」「VIO」です。

ミュゼプラチナム 全身 ライト B

Bプランの施術範囲は、「腕」「足」「背中」「襟足」です。

ミュゼプラチナム 全身 ライト C

Cプランの施術範囲は、「腕」「足」「胸」「お腹」です。


料金は半額キャンペーンを利用して、6回で141,750円です。平日の12時から18時までに限定したデイプランでも、118,125円です。

腕は肩の先から指先までがワンセットになっています。

足も付け根から指先までがとワンセットになっています。

前述したように、希望部位とピッタリはまるか、もしくは許容範囲内である場合にだけ利用価値を感じますが、料金を比較すると、「脱毛ラボの28箇所」の方がはるかに安いのが分かります。

「脱毛ラボの28箇所」なら、ずっと安い料金で、施術部位はミュゼの全身ライトとほぼ同じにできます。

脱毛ラボの「28箇所」の部位の数え方

「脱毛ラボの28箇所」を検討する際に、気になるのが部位の数え方です。

実は、純粋に1部位ずつは選べません。ズルい印象は受けますが、それでも優先させたいパーツはほぼすべて選択できるので、問題はないでしょう。

選べるパーツと部位数は、以下の通りです。括弧内の部位は切り離せません。

脱毛ラボ 28箇所 全身から選べる部位

  1. 左右おでこ(2)(右おでこ+左おでこ)
  2. 左右こめかみ(2)(こめかみ右+こめかみ左)
  3. 左右小鼻(2)(右小鼻+左小鼻)
  4. 鼻下(1)
  5. 左右鼻毛(2)(右鼻毛+左鼻毛)
  6. 左右うなじ(2)(うなじ右+うなじ左)
  7. 左右もみあげ(2)(もみあげ右+もみあげ左)
  8. あご周り上下(2)(あご上+あご下)
  9. 両脇(2)(右わき+左わき)
  10. 両胸(2)(右胸+左胸)
  11. 左右乳輪周り(2)(乳輪周り右+乳輪周り左)
  12. お腹(1)
  13. へそ周り上下(2)(へそ上+へそ下)
  14. 両肩を含む両ヒジ上(4)(右ひじ上+左ひじ上+右肩+左肩)
  15. 両ヒジ下(2)(右ひじ下+左ひじ下)
  16. 両手の甲と指(4)(右手指+右手甲+左手指+左手甲)
  17. 背中上(1)
  18. 背中下(1)
  19. 両ひざ上の表裏(4)(右ひざ上の表+右ひざ上の裏+左ひざ上の表+左ひざ上の裏)
  20. 膝小僧を含む両ひざ下の表裏(6)(右ひざ下の表+右ひざ下の裏+右膝小僧+左ひざ下の表+左ひざ下の裏+左膝小僧)
  21. 両足の指と甲(4)(右足指+右足甲+左足指+左足甲)
  22. 左右ヒップ(2)(右ヒップ+左ヒップ)
  23. Vライン上(1)
  24. Vライン(1)
  25. Iライン(1)
  26. Oライン(1)

脱毛ラボの「28箇所」の部位の選び方

では実際に、28箇所選ぶとしたら具体的にはどうなるでしょうか。冒頭の優先部位を当てはめてみます。
(オレンジ色の枠の部位)

  1. 両ワキ
  2. 口周り
  3. ひざ下
  4. VIO

ラボ 28箇所 部位選択例3

  1. 両脇(2)
  2. 鼻下(1)
  3. あご周り上下(2)
  4. 膝小僧を含む両ひざ下の表裏(6)
  5. 両ヒジ下(2)
  6. Vライン(1)
  7. Vライン上(1)
  8. Iライン(1)
  9. Oライン(1)
  10. 両手の甲と指(4)

全部で21箇所選べました。それでもまだ他に、7箇所も選べます。
例えば、両ひざ上の表裏(4)、お腹(1)、背中上下(2)といった組み合わせもできます。

「脱毛ラボの28箇所」の悪い口コミ

暗闇で振り返る女の子

「脱毛ラボの28箇所」には、悪い口コミも投稿されています。前向きに検討している女性には申し訳ないですが、これは紛れもない事実です。

何にでも否定的な意見は付きものですし、事前に知っておく方が後悔しません。

悪い口コミの代表例だけでも、紹介しておきます。

脱毛ラボの「28箇所」ではシェービング代は毎回支払うの?

「脱毛ラボの28箇所」の悪い口コミでは、毎回必ずシェービング代を請求されて怒り心頭な方が多く見受けられます。

大抵のサロンでは、剃り残しがあった場合に限って請求されるケースが大半です。

なのに、脱毛ラボでは毎回のようにシェービング代を請求されているようです。

月額制だけじゃなく、パックプランでも請求されます。

現在パックプランでのシェービング代の請求はなくなっています。

脱毛ラボの「28箇所」はパックプランでもシェービング代が有料

「脱毛ラボの28箇所」は、パックプランでもシェービング代は有料です。だからといって、事前処理が不要なわけではありません。VIOを含む場合は1,500円、含まない場合は1,000円です。

6回パックで契約すると、最大で9,000円が上乗せされます。

でも、通常料金が他社より安い上に、キャンペーンでの割り引きも利用できます。

総額で考えても安いので、ここは別料金になっている点は良しとしましょう。

脱毛ラボの「28箇所」は月額制で契約させてくれない?

無料カウンセリングの際に、『月額制で通いたかったのに高い方をゴリ押しされた』などの悪い口コミもよく見かけます。

月額制で通いたいのにパックプランを勧められると、誰だって良い気分はしませんよね。

脱毛ラボの「28箇所」で月額制がおすすめされないわけ

月額制は確かに安く始められますが、デメリットの方がはるかに大きい通い方なので注意が必要です。

  • 1回完了までに1年もかかる
  • 毎月必ず通わなければいけない
  • 予約の繰り越しができない
  • 支払総額は割高

脱毛ラボのスタッフも、月額制のデメリットをよく分かっているからこそ、パックプランを勧めてくるわけです。決して、意地悪してるんじゃありません。

パックプランなら60分で終わる施術に、1年もかけて本当に良いんですか?

もしも目の前に「月額制で通いたい」と思っている女性がいれば、私だって全力で止めます。

月額制は、絶対におすすめしません。

脱毛ラボの「28箇所」は画期的だけど店内が質素すぎる

店内は、質素で殺風景なんて口コミも投稿されています。

人によっては、『清潔感がない』『落ち着かない』なんて印象にも繋がっているようです。

確かに、高級感がある店舗という印象は受けません。

脱毛ラボの「28箇所」は低価格へのこだわりが生んだプラン

脱毛ラボは、低価格に強くこだわっています。

料金を安くするために、徹底したコストカットが行われています。

店舗の内装費用も当然コストカットの対象で、余計な装飾などとは無縁です。

安い料金は、たゆまない努力があってこそのたまものです。

「脱毛ラボの28箇所」のまとめ

カフェで打ち合わせするOL

ここまでで、「脱毛ラボの28箇所」が支持されている、人気の理由を解体してきました。

最後にここでもう一度、「脱毛ラボの28箇所」のおすすめポイントをまとめておきます。

  1. 全身から好きな部位だけを選べる
  2. セットコースより過不足が少ない
  3. 自分仕様にカスタマイズできる
  4. 1部位ずつの契約より圧倒的に安い

以前は、希望部位が多いと、全身の方が安くなるケースが普通でした。

でも、「脱毛ラボの28箇所」がある今は、部位数と料金のアンバランスは解消されています。

部位が自由に選べる内容も画期的で、これまでにありそうでなかった仕組みです。

「全身脱毛では部位が多いしムダな出費になる」

そう思っている方には、「脱毛ラボの選べる28箇所プラン」が断然おすすめです。



「選べる部分脱毛」


脱毛ラボ 28箇所に申し込む